ファインコーヒーを飲むと痩せる?

高血圧で中性脂肪が多い。
最近は、塩分や糖質を控えながら、ダイエット中!なんて方も多いのではないでしょうか。

 

やはり、ダイエットすることで、カラダも本来の働きに戻り、生活習慣病になるリスクを減らし、見かけもより健康的になりますよね。
そんな人にはファインコーヒーはおすすめです。

 

ファインコーヒーは、通常のコーヒーとは違い、ダイエット向けの成分が入っています。
それが、ガルシニアエキスです。

 

 

ファインコーヒーに含まれるガルシニアエキスとは?

ファインコーヒー ガルニシアカンボジア

ガルシニアは、フクギ属の植物の果実です。正式にはガルシニアカンボジア(学名Garcinia cambogia)と呼ばれています。

 

この果実は、甘酸っぱいことから、インドや東南アジアでは、カレーのスパイスとしても利用されています。

 

ガルシニアエキスの主要成分はHCA(ハイドロキシクエン酸)ですが、このHCAの働きが凄いんです。ダイエット中の方にはメリットが大きいでしょう。

ガルシニアエキスのダイエット効果は?

 

ガルシニアエキスは、太る原因を減らす成分が含まれています。その大きな働きが3つあります。

 

1.空腹感を抑える効果。
2.コレステロールを減らす効果。
3.体脂肪の蓄積を阻害する効果。

ここでは、順に簡単にご紹介していきます。

 

ファインコーヒー ダイエット

1.空腹感を抑える効果

太ってしまう一つの原因は、余分に食べてしまうことです。

 

また、以下の状況の場合、血糖値が低くなるため、空腹になりやすくなります。

・食事の時間がいつもと違う。
・いつもより激しく運動した。
・少し多めにお酒を飲んだ。
・遅くまで仕事や家事をした。
・いつもより炭水化物が少なかった

どうしても、普段生活していくなかで、こんな場面って出てきますよね。
この状態は、血中のグルコース(ブドウ糖)が足りていない状態です。

 

そんな時に、ガルシニアエキスを摂取しておくと、グリコーゲンがグルコースを生成してくれるのです。
その結果、血糖値が一定に保たれるわけです。

 

つまり、空腹感が抑えられます。

2.コレステロールを減らす

コレステロールの原料となる成分を減少させる働きがあるとされています。また、脂肪合成の低下の作用もあります。

 

ファインコーヒー コレステロール

3.体脂肪の蓄積を抑える

食べたものは、カラダのエネルギーに使われ、一部はグリコーゲンに変わります。ただ、残りのエネルギーは、脂肪に変わるのです。

 

ガルニシアは、脂肪に変えられる時に使われる酵素の働きを阻害することができるため、脂肪がつきにくくなるんです。

 

 

ファインコーヒーの飲み方は?

ダイエット目的でのファインコーヒーの飲み方は、食前がおすすめです。

 

というのも、ガルニシアは、食べ物を消化するときに、体内に脂肪として蓄積される時に働く酵素の動きを弱める働きができるからです。

 

つまり、脂肪になる前に摂取した方が効率が良いからです。
ファインコーヒー 飲み方

 

ダイエットするなら?

ダイエットは、脂肪を付きにくくするだけでは、大きなダイエット効果はありません。
普段から、運動するなど、カラダを動かすことで基礎代謝もアップします。

 

その中でファインコーヒーも飲んでいくのがおすすめですよ。

TOPへ