ファインコーヒーと市販のコーヒーの違いは何?

ファインコーヒーと一般のコーヒーとの違い。
一見見た目は同じコーヒーのように見えますが、成分が全く違います。

 

ここでは、市販コーヒーとの違いをご紹介します。

 

 

ファインコーヒーと市販のコーヒーの成分の違い

ファインコーヒーと市販のコーヒーで大きく異なる点は、成分です。下の表をみてください。

一般のコーヒー ファインコーヒー
コーヒー豆 コーヒー豆
GABA
難消化性デキストリン
ガルシニアエキス

左が一般のコーヒー。右がファインコーヒーです。
まず、大きな違いは、成分の数・働きです。

 

一般のコーヒーはコーヒー豆のみですが、機能性表示食品のファインコーヒーには、幾つもの成分が含まれています。

 

特に、ファインコーヒーは、血圧を下げる効果のあるGABAが含まれていることが分りますよね。
また、機能性表示は、臨床試験の結果、証明されている商品なので、血圧を下げる目的では、ファインコーヒーの圧勝です。

 

ファインコーヒーと市販のコーヒーの効果の違い

先ほど、ファインコーヒーと市販の成分比較をしました。
この成分の違いが効果にも違いが出てくるのです。

 

特に、ファインコーヒーは、高い血圧を下げる作用があります。その臨床試験が以下です。
血圧を下げる効果
つまり、ファインには、GABAといった血圧が高い人向けの成分が入っているために、効果が出るのです。

 

これは、試験結果に基づいて作られたコーヒーなので、ただ楽しむだけではなく、効果の面でもしっかり発揮してくれますよ。

 

ファインコーヒーと市販のコーヒーの継続性の違い

普段からコーヒーを飲んでいる人は、やはりコーヒーそのものに魅力を感じている方も少なくないのではないでしょうか。

 

例えば、

  • 腸管免疫の活性化
  • カフェインの覚醒作用
  • アンチエイジング効果
  • うつ予防
  • ガン予防
  • 香りやリラックス効果
  • 生活習慣病予防
  • 脂肪燃焼の促進

など。

 

コーヒーは、嗜好品ではありますが、やはり健康飲料でもあります。特に、私の場合は、仕事に集中でき、リラックスできるので欠かせません。

 

そんなコーヒーだからこそ、毎日飲んでいるのですが、継続するなら、より健康になれるコーヒーの方が嬉しいわけです。特に、血圧。

 

普段飲んでいるコーヒー1杯をファインコーヒーに替えるだけで、血圧が下がってきます。

 

別の言い方をすると、普段飲んでいる方にとっては、とてもラクな方法です。
同じ飲み物で継続するなら、自分の健康を考えた上で選択できるのがファインコーヒーなんです。

 

ファインコーヒーのデメリットは?

市販のコーヒーは、豆の産地、豆の挽き方、香り、コクなど自分の好きな銘柄を選んだり、香りを楽しむメリットがあります。

 

それに対し、ファインコーヒーは、1種類しかありません。
ですので、豆の銘柄の指定はできないといった点はデメリットになります。

 

ファインコーヒーは、選ぶ楽しみよりも、機能性を重視したコーヒーといえるでしょう。
ですので、飲みながら、血圧の数値が下がる別の喜びといったメリットがあります。

 

ファインコーヒーと市販のコーヒーの違いのまとめ

市販のコーヒーには市販の良さがあり、ファインコーヒーにはファインの良さがあります。

 

ですので、同じコーヒーですが、やはり求めるものが異なれば、違いもあります。
ファインコーヒーは、市販と異なり、純粋にコーヒーが好きで血圧を下げたい方向けと言えるでしょう。

 

ですので、普段の生活に取り入れやすいく馴染みやすいと思いますよ。

 

>>ファインコーヒーの口コミをみる。

TOPへ